Event is FINISHED

【満席御礼販売終了:2日通し券は完売しました】高山林太郎が語る、誰も言わなかったアロマテラピーの本質 「40、50代だからこそ始める植物=芳香療法 アロマテラピー」

Description
机席のみ、残り3席!
おかげさまで2日通し券は完売しました。


8月24日(土)
一般講演「40、50代だからこそ始める植物=芳香療法 アロマテラピー」
講師:高山林太郎 先生、大場修治 先生
開場 午後1時00分、開演 午後1時30分
参加人数:120名

基調講演「食事から見た植物療法の恩恵とは?」
講師:大場修治 先生

一般講演「誰も言わなかったアロマテラピーの本質」
講師:高山林太郎 先生


この講演会は、以下のような方にお勧めです:
アロマテラピーを実践している人
アロマテラピーに興味がある人
アロマテラピーの本質を知りたい人
40代を過ぎ、疲れを感じやすいと考えている人
10年後の健康に不安を持っている人
メタボリックシンドローム予備軍と診断された人
医療関係に従事している人
介護の現場を働きやすい環境のヒントを探している人

あなたは今、健康に不安を感じていませんか?

健康に自信のあるあなたも、それは最良の方法なのでしょうか?


沖縄という、自然に恵まれた健康な島がかつてありました。

その島では今、70歳以上は健康で、40代、50代の健康は危ぶまれています。

健康立県の神話が崩れ、逆転現象が起こりつつあるのです。

現状を改善できるヒントはどこにあるのでしょう。

沖縄は植物、ハーブにも恵まれているはず。

民間療法としてたくさんの知恵やハーブの活用法があるはず。

それなのに不健康な沖縄。


そのヒントは西洋の民間療法であるアロマテラピーにありました!!


ローマ帝国やクレオパトラの時代にはすでに香油などで親しまれていたアロマテラピー。

今でも美容を中心に、リフレッシュ・リラックスの手段として、広く親しまれています。

日本にアロマテラピーが紹介されたのは1980年代。

普及が進み出した90年代から数えても、まだ20年ほど前の話です。


そのアロマテラピーの初期から普及に尽力してきたのが、

今回お話しいただく高山林太郎先生です。

アロマテラピーを日本へ体系的に紹介し、原著者に限りなく迫って翻訳する姿勢を

つらぬいていらっしゃいました。必要とあればイギリスやフランスに渡り、

原著者に直接インタビューすることもしばしば。


自ら各国の研究施設を巡り、蒸留装置を使い研究する、アロマテラピー・植物療法家

としても活躍されてきました。英語・フランス語・ドイツ語・ロシア語を操り、

フランス・アロマテラピー大全(上・中・下)などの大著も含めて30冊以上もの

専門書を翻訳し、各国のアロマテラピーの状況を、歴史やつながりを含めて

把握してきた高山先生。だからこそ迫ることができた、


アロマテラピーの本質


その本質は、

病気に強い身体、医者にかかりにくい身体を作る「植物=芳香療法」だったのです!


植物=芳香療法としてアロマテラピーを捉えなおすことで、

はじめて見えてくる植物やハーブに恵まれた沖縄の未来。

今年の5月には待望された、高山先生の著書「誰も言わなかったアロマテラピーの本質」

が出版されましたが、諸事情により発売から1週間で発売禁止となり、すべて断裁され、

もう読むことは出来ません。

誰も言わなかったアロマテラピーの本質が、ここ沖縄から語りはじめられます。

スペシャルゲストとして、自然治癒力を食事を中心とした生活習慣で改善する方法を

個人指導していらっしゃる内科医の大場修治先生にも登場していただきます。


講師プロフィール

大場修司(おおばしゅうじ)
株式会社 人育科学社 代表取締役、内科医

株式会社 人育科学社 代表取締役、内科医 福岡県出身、長崎大学医学部卒業
沖縄県内の名門救急病院で研修を受け、最年少で医局長、総合診療部医長となる。
子どもの喘息をきっかけに食育や栄養学、自然療法、心理療法などを研究する。
小学校、高校、自治体、JAなどで30回以上、500人以上に講演を行っている。

外来においては病気を改善させる食事の原則を指導し高血圧や糖尿病に対して1年半で
49人の薬を減量、そのうちの14人は薬を完全に終了できている。(2013年7月末現在)
高血圧や糖尿病の他に喘息やリウマチ、心臓病、自己免疫性疾患、癌、皮膚病、腎臓病
と多岐に渡る病気において食事を中心とした生活習慣の指導を行う。

2012年、2013年と続けて、日本ナチュラル・ハイジーン普及協会会長
松田麻美子女史の来日講演を主催。


髙山 林太郎(たかやま りんたろう)
1985年の日本にはじめてアロマテラピー(芳香療法)を体系的に導入。30冊以上の
アロマテラピー関連書の翻訳、執筆を行う。以来、この療法の研究と普及に努め、
併せて世界の植物療法を研究。身近な植物の食用法・薬用法にも詳しい。

「わかりやすいアロマテラピー」
香りのある植物の芳香成分(精油・エッセンスなど)を、さまざまな方法で使用して、
心身の健康回復・維持を行う自然療法であるアロマテラピーを、医学的・薬学的・
化学的・歴史的な面から興味深く解説する。

「日本におけるアロマテラピーの現状について」を英語にて講演。オーストラリア
・シドニーに国際アロマテラピー協会の招きで赴く。NHK(総合)TV、埼玉TV、
TBS、フジテレビ等、そのほかラジオにも出演
※いずれもアロマテラピーについてのべるとともにその基原植物であるハーブ類に
ついて解説。

■経歴
1938年 東京生まれ 
1960年 東京外国語大学フランス語科卒業、日本国有鉄道外務部所属。外国鉄道資料の
    翻訳国際会議の折衝などを行う。(-61年)
1962-63年 ビジネスガイド社で雑誌編集作業に携わる。
1963 翻訳家として諸外国の図書(人物伝、政治運動史など)を訳出、出版する(-70年)
1970年 農業図書 株式会社 入社
1975年 農業図書 株式会社編集長
1978年 農業図書 株式会社 取締役として検定教科書などの刊行にたずさわる
1981年 株式会社ロア 研究開発部長としてフランスの薬用植物輸入に関わる
1987年 株式会社ロアを退職。アロマテラピー研究室を立ち上げる
1988年 タカコ・プロダクツジャパン入社。アロマテラピー事業にたずさわる
1989 有限会社 フレグランスジャーナル社に入社。
同社顧問としてフレグランス(香料)関係図書・雑誌などの編集を行う。(-95年)
1995年 翻訳家として各種アロマテラピー図書を訳出、出版する(-08年)
2004年 川村学園女子大学講師を務める(アロマテラピー概論)

主な著書
・『誰も言わなかったアロマテラピーの《本質》』(BABジャパン)
・『ルーツ・オブ・アロマテラピー』(現代書林)
・『芳香健康法-21世紀を生きる』(誠文堂新光社)
・『ジャン・バルネ博士の植物=芳香療法』(訳書/フレグランスジャーナル社)
・『アロマテラピー<芳香療法>の理論と実際』(訳書/フレグランスジャーナル社)
・『フランス・アロマテラピー大全<上・中・下>』(訳書/フレグランスジャーナル社)
・『女性のためのアロマテラピー』(訳書/フレグランスジャーナル社)
・『実践アロマテラピー』(訳書/フレグランスジャーナル社)
・『アロマテラピー事典』(訳書/フレグランスジャーナル社)


高山林太郎が語るアロマテラピーヒストリーポッドキャストにて絶賛、放送中。

高山林太郎のブログ林太郎語録、絶好調執筆中。

=================================

高山林太郎が語る、誰も言わなかったアロマテラピーの本質
~10年後も健康に生きる人へ贈る、75歳の香り知恵袋~
8月24日(土)
一般講演「40代、50代だからこそ始める植物=芳香療法 アロマテラピー」
講師:高山林太郎 先生、大場修治 先生
開場 午後1時00分、開演 午後1時30分

参加費 
机席 3,500円 
話をしっかり聞き、ノートを使うなど、学び、記録したい方へ、机席をご用意しました。

椅子席 3,000円

2日間通し券
24日、25日ともに机席

特別価格9500円→8500円

限定10名
場所 沖縄船員会館ホール(とまりん近く泊ふ頭郵便局となり)

=================================

参加申し込み、支払い方法

①クレジット支払い

当ページの右上より、チケットをお申し込みください。

チケットを印刷、またはスマートフォンに表示させ、当日ご持参ください。

チケットの購入方法はこちらをご覧ください

チケットメールが届かない場合、迷惑メールフォルダーをご確認ください。


②現金支払い

みねいアロマ音楽メディケアのページにてご案内しています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

現金支払いは8月23日17:00にて締め切りとなります。

=================================

チケットキャンセルについて

悪天候により開催が出来ない場合、全額返金いたします。

=================================

お問い合わせはメールフォームをご利用ください

主催  

みねいアロマ音楽メディケア

沖縄県浦添市経塚257−11 

098-877-7847(10:00-17:00)

http://www.meetsnature.com

=================================

8月25日 
少数対話会「若いアロマセラピストへ伝えたいことがたくさんある」はコチラ>>

Event Timeline
Updates
  • タイトル は 【満席御礼販売終了:2日通し券は完売しました】高山林太郎が語る、誰も言わなかったアロマテラピーの本質 「40、50代だからこそ始める植物=芳香療法 アロマテラピー」 に変更されました。 Diff 2013-08-23 15:29:41
More updates
Sat Aug 24, 2013
1:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
沖縄船員会館
Tickets
24日:机席 ¥3,500
24日:椅子席 ¥3,000
2日間通し券 ¥8,500

On sale until Aug 24, 2013, 7:00:00 AM

Venue Address
沖縄県那覇市前島3丁目25−50 Japan
Directions
お車の方は、とまりん駐車場(有料)をご利用ください。 那覇の泊港(とまりん)近くの、泊ふ頭郵便局となり。 ■バス・那覇空港発99番(琉球バス) 泊高橋(とまりん前)下車徒歩5分
 ・那覇空港発120番(琉球・沖縄バス)牧志経由 泊高橋下車徒歩10分 ■モノレール・美栄橋駅下車 徒歩10分 ■タクシー・那覇空港より約10分(うみそらトンネル利用)
Organizer
みねいアロマ音楽メディケア
2 Followers